アフィリエイター、ネットユーザーは振込先を楽天銀行にするべき

楽天銀行をおすすめする理由は、毎月あるんですがゴールドラッシュプログラムV2といって「他行から振り込まれると毎月現金がプレゼントされるキャンペーンがあるからです。 アフィリエイトの人は振込額が低いことが多いと思うのですが、ここならば数十円の振込だったとしても、 このゴールドラッシュプログラムで、振込受け取り1件につき10円から30円が貰えます。ということはオークションや配当、給与、アフィリエイト入金などを全てここにしてしまえば百円以上数百円までの利益がつく可能性があるわけです。(毎月キャンペーンエントリは必要です) ※2012年12月で「ゴールドラッシュ」は終了します。

なお、ゴールドラッシュがなくても、例えばNAVERまとめの報酬のように「メルマネ」(楽天銀行オリジナルのメール送金サービス)で送ってくるものは、入金が楽天銀行だと2回目からは自動受取が出来るので、そういう意味でも便利です。

楽天銀行は、他にもいいことがあります。入金ごとに携帯orPCメールに、到着を知らせることもできます。お金が入った通知が即時に来るのは嬉しい仕様。どこからの入金かもスマートフォンアプリで確認できます。これ、寝ながらでも入金管理できていいですね。

楽天は毛嫌いしている人もいるかもしれませんが、銀行業は免許があるので無茶なDMを送ってきたりはしません。ということで顧客満足度も高いようです。

FX、公営競技、BIG、証券連携、投資信託、外貨預金などさまざまなサービスとの連携もしていますし、楽天銀行の住宅ローンフラット35も比較的低金利で好評です。 気が向いたらほんとに楽天銀行の口座を作ってみてください。満足度は意外と高いですよ。 難点としては一部機関からの自動引き落としに指定できないとか、あとは税金の還付金の受取には、なぜかネット銀行扱いではねられる点かなあ(新生銀行は同じネット銀行でもリアルに店舗があるせいか、受取が可能)。申し込む時は是非下のバナーからどうぞ。 マジ得ですし、お金下ろすのにはセブン銀行も、イーネットも使えて結構いいですし、楽天スーパーポイントも貯まる銀行(振込手数料にも使える)っていうのはなかなかいいですよ。マジ。サブバンクとしては最高かも。

SEO、ブログやサイトを作ったらやってみておいて損はないSEOまとめ(PCサイトの場合)

●まず巡回依頼 重要度★★★

作ったばかりのサイトは、リンクされていないので、リンクを辿ってくる検索エンジンに認識されていない。なので、時間が経てばどこかたどって載るとはいえ、最初は巡回登録が肝心だ。国内はだいたいこの5つに登録しておけば間違いない(実際にシェアが圧倒的に多いのはgoogleとYahoo!)。海外向けの場合は米国向けの検索エンジンなどもあるのだが、国内向けの場合はこれだけでOK。

google 
http://www.google.co.jp/addurl/
Yahoo! 
http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request (Yahoo!JAPAN IDが必要)
Bing(元MSN)
http://www.bing.com/docs/submit.aspx
百度(バイドゥ)
http://www.baidu.jp/info/help/webmaster/site/01.html
Naver(ネイバー) 
http://help.naver.jp/faq?itemNo=315 ※依頼方法が特殊なのでヘルプを読んでください

●Webマスターツールの類の登録 重要度★★★★

これは検索エンジンに「こういうサイトがあるけどこの人の持ち物でRSS(フィード)はこれで、こういう記事があるからインデックスしてよ」と働きかけるもの。インデックスはしばらく時間はかかるが、巡回でリンクをたどっていっても遡れないようなコンテンツを拾ってもらえる一因になったり、素性の悪くないサイトと認識してもらえる効果はある。

google ウェブマスターツール (gmailのIDが必要)
http://www.google.com/webmasters/tools/
Yahoo! サイトエクスプローラー(Yahoo!JAPAN IDが必要)
http://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
Bing Webmaster Center (Windows Live ID=Hotmail等可 が必要)
http://www.bing.com/webmaster

※サイト登録だけではなく、認証、サイトマップの登録もしておいたほうが各々有利。(これができるとだいぶ詳しくなる。詳しいやり方はgoogle検索すると、ブログ等に解説がある)

●metaタグの作成 重要度★★★★★

HTMLがいじれるブログなら、<head>(←<>は実際は半角)要素の中にメタタグの有無をソースで見ればいいのだが、例えばSEOチェキでチェックしてみよう。
http://seocheki.net/
これだとURL入れるだけである程度まとまったデータが出てくるので。
なぜチェックするかというと、メタタグ生成しないブログって結構あるのよ。
生成されていなかったら、HTMLの指定位置に、メタタグを入れよう。
メタタグとは「こういうサイトですよっていう3行相当くらいの説明」「こういう検索ワードでひっかけてくださいよ」という要素などを記述するタグ。

詳細はhttp://www.mick-1.net/metatagu.htmlとかhttp://seo-robot.j-nic.co.jp/meta.htmlを参照。

googleはdescriptionを説明文として読み込みます。SEO的には、配置の要素の位置(中央に大事な言葉を書くとか、前方に重要な要素を入れるとか)とかもあるらしいですが、オカルト的なところもあるので、普通にサイトの特徴を書くといいでしょう。クリック率を高めるような内容であるといいです。またkeywordですがgoogleに効果なしとする人もいますが、長期運営しているサイトなどみていると、ここで設定している言葉で引っかかっていたりしますので、まったく効果ないともいえないと思います。
実際にはdescriptionとkeyword程度を設定すればいいかと。ブログのHTMLなどに持っていく場合は、他のタグ(ヘッダ部分等)を消さないように注意。またサンプルは<>が全角表記だったりするので、コピペで持ってく場合は半角にするのも忘れないように注意してください。

●タイトルの最適化 重要度★★

たとえばSEOのブログを立てるのに「トクするインターネット」では集客できません。タイトル要素の中に重要なワードを入れていってしまいましょう。といってもタイトルは変えたくないですよね。「トクするインターネット~|SEO、ブログ最適化」など、タイトルの中にある程度要素を入れていくとわかりやすくなります。本当のタイトルとの間は:や|などで区切る程度にしてください。わかりづらい記号が入っているとSEO的にマイナスになります。
またタイトルが長くなっていやな場合は、タイトルに無理に入れないでサブタイトルに入れるのでもある程度はいいのですが…。

●被リンクを作るブログパーツに登録 重要度★★

ブログの場合はやっておいていい。ただ、たくさんはるとサイト読み込み時にいろいろなサーバから画像やJsなど読み込むのでやや重くなる。効果を見て厳選しよう。

SEOPARTS 貼っておくと勝手に検索された用語を軸に、SEOPARTS側でランキング(リンク元)を作成していく。ただ、会社に都合の悪いワードになってしまう場合もあるので個人サイト向け。
http://seoparts.com/
TRACKWORD SEOPARTS似だが登録型のサイト。
http://www.trackword.biz/
THATSPING(最近あまり効果がない)貼ると勝手にリンクを作成していく。見せたくない場合は非表示のパーツもある。以前、一度失効し他のサイトにジャンプするトラブルがあったので注意。
http://thatsping.com/ http://thatsping.jp/
あわせて読みたい 一緒に読みたいブログを表示してくれるブログパーツ。会社のに貼ると自分のブログばかりあわせて読みたい表示されたりするので注意。(自分のブログにも貼らなければいいんだけどね)
http://awasete.com/
さいバナーを置いてる人が多い。

●ブログランキングに登録 重要度★★★★

人気ブログランキング、にほんブログ村は登録しておいて損はない。ランキングは無理に促す必要はないが、登録して自分でたまに押すだけでも、相手側のランキングに登録され、「似たサイト」が並ぶところから継続した被リンクが得られるということが大きい。マイページや複数場所からリンクされるなどの工夫のある場所も多い。検索で認識されるのにも役に立つから、登録はしておこう。なお三流で、流量が少ない(登録数やポイントが少ない)サイトは登録する意味ないので、ある程度絞って(2-3個で)OK。最新記事も載るので更新のPingも送るようにブログに登録しよう。

人気ブログランキング(老舗)
http://blog.with2.net/
FC2ブログランキング
http://blogranking.fc2.com/
にほんブログ村 家電業者などのムラウチが運営。なにげに一大勢力
http://www.blogmura.com/
くつろぐ (最近は少しダメかも)
http://kutsulog.net/
ブログランキングドットネット
http://blogranking.net/
ブログの殿堂
http://www.dendou.jp/
ブログ王
http://www.doramix.com/rank/

●Ping送信 重要度★★★★

ブログから送るPing(更新通知)、今どきはやらないと思うかもしれないけれど、たとえばYahooやGoogleなどには送っておいたほうがいいし、主要ブログサーチ(googleのブログサーチなど)に送るのはブログには効果ある。詳細は、各ブログの設定項目を見てもらえばいいのだが、大概「何ヶ所まで」しか送れないという制限があるので、それ以上送信したい場合は、ブログの上位プランなど制限が少ないものを使うか、Pingの外部サービスやPingが送れるソフトもある。なお、ブログ本体からPingが送れないブログサービスもごく一部(Bloggerなど)あるので、こういうのの活用もいいかも。

Pingoo(一部有料)
http://pingoo.jp/
ぶろっぐぴんぴん(フリーソフトだがブログピープルへの登録が必須)
http://www.blogpeople.net/whatisblogpeople.html

●アクセス交換系 重要度★

こういうアクセス交換系のサイトは正直厳しいと思う。なぜかというと、ツールで見てる人が多いので、巡回してもらってもそれで増えるという方向になりづらい。また、ブログのアクセス解析でも、これらからのアクセスは、はねられることも多い。簡易カウンタだけを回したいとかいう人ならいいのだ。ただ併設でディレクトリ(固定リンク)が作られていることもあり、そっちでは効果があるということもあるので、FC2ブログジャンキーくらいは登録しておいてもいいかも。長期的には効果があるはずだ。また、FC2のほうが普通の素人も多くみているので、予想外にリピーターが増えることも。効果をかかれているブログ

FC2ブログジャンキー
http://bj.fc2.com/
オレンジトラフィック
http://orange-park.jp/
他にもたくさんあるけど有象無象なのでパス。うさんくさいところもある。

●人気ページからの他ページへの誘導 重要度★★★

しばらくサイト、ブログをやっているととりあえずどこか人気になっているページがあるのは、解析を全体に入れていればわかるはずだ。ブログに入ってる標準解析でもある程度はわかるが。

解析おすすめ:google Analytics
http://www.google.com/analytics
解析おすすめ:なかのひと ※ミニバナー表示あり
http://nakanohito.jp/
解析おすすめ:FC2解析 ※ミニバナー表示8秒あり
http://analysis.fc2.com/
解析おすすめ:i2i解析 ※ミニバナー表示あり
http://www.i2i.jp/
おすすめはしないけど無償
忍者アクセス解析 ※ミニバナー表示あり、近づくと広告が開く
http://www.ninja.co.jp/analyze/

そしたらその人気ページのエントリから「その記事に興味のある人が読みたい他の記事」にリンクを流してやるなどするだけでも、そのまま来客数は増えないものの、閲覧ページ数を大きく伸ばすことが可能。また、アクセスの多いページのほうがアフィリエイトや広告を貼った場合でも母数が多くなるため、効果があるであろう。

●即時反映系ディレクトリに保険登録 重要度★

場合によってはマイナスになるかもしれないが、最初はどこにも登録されていないので神にすがる気持ちで。Yomi-search系のディレクトリは多数あるが、とりあえず登録承認とかなしで即載るやつ。ページランクにペナルティなどついてないかを注意しよう。

Kynny(ソーシャル検索エンジン)
http://www.kynny.com/
みんなの自動リンク(消されることもある)
http://jidou-link.com/
ブローク(タイトルに含まれている言葉でサイトのRSSを登録する
http://blork.biz/
BROADENTRYサーチ(即時登録。重複アドレスは「重複」と出てあとで削除される。アダルト不可)
http://broadentry.com/seo/

●twitterにフィードを投げて、投稿からリンク誘導する 重要度★★★

twitterも自分のアカウントにフォロワーがいないとあまり意味はなさないが、ある程度すでに読者がいるのであれば、twitter側に付随するのリンクを踏む率、twitterの構造的なページランク等の高さもあるので、ブログ・サイトへのSEO効果は一時的にあるかと(嫌気があるほど自動ツイートばかりしているとSPAM報告される。SPAM判定されないように)。
ただポストしてから時間経過とともに誰も踏まなくなるので注意。bit.lyで省略されたものは、bit.ly/info/×××××(省略URL) とINFOを挟むと、何人踏んだかもあとでわかる。

RSSなどを登録すると自動でツイートをtwitterに投げてくれるツール

TWITTERFEED
http://twitterfeed.com/
FEEDTWEET(上に帯がつく)
http://feedtweet.am6.jp/
FRIENDFEED(少し用途が違う。設定が若干大変かも)
http://friendfeed.com/

ライブドアブログなどいくつかのブログは直接twitterに同時投稿する機能がある

●衛星サイトを作って、相互にリンクする 重要度★★★★


例えばライブドアブログなら、投稿時にタグを打つとブログパーク、普通に投稿しても自社のブログランキングからリンクが来る。
Jugemも投稿時にJugemテーマを設定するとそこからのリンクや、Amazonoで商品紹介すると、中間に置かれた自社の商品紹介ページからの被リンクがある。

そういったものが工夫されているのがメジャーブログサービスだが、SEOに関して工夫されているブログサービスに衛星サイトを設け、そこからリンクを打っておくというのは手だ。ただし、コンテンツがなくてリンクだけがあってもインデックスされない。テーマが同様だったりとか、ちゃんと意味のあるコンテンツを書こう。同様のページで20から40くらいの投稿があるページなら、SPAMなどではなくちゃんとした類似ページからの被リンクと認定されるので、評価もあがる。
このとき、記事からのリンクだけでなく、全記事からリンクされるブログパーツのリンクにしておいたほうが、いいかもしれない。

他にもいろいろSEOの裏技的な方法はたくさんある(トラックバックを打つとか、Yahooなどのメジャーサイトや新聞社サイト、テレビで取り上げられるなどや、リンク元ランキングや記事アクセスランキングを作って相互リンクにしたり、リンク構造を複雑にしたりとか、メジャーブログに相互リンク申請とか、素直に広告打つとか、2chブログやるとか)と思うが、メモとしてなのでこんなところで。

アフィリエイトで自分買い

●アフィリエイトASPに続々自分買い用ショッピングモールが誕生中

アフィリエイトポータルに登録していると最近はその中にショッピングモールがあるのが気になるかと思います。これらは、登録しているサイトの人たちが自身で購入される場合用のサイトなのです(※会員用サービスのため、非会員は見られません)。

これらには、大概の大きいサイト(要はそのアフィリエイト会社に参加しているスポンサー)が登録しており、ここにあるバナーリンク(もしくは契約ボタン)を踏んで、飛び先のサイトで購入すると、定額のキャッシュバックもしくは数%のキャッシュバックがつくところが多いです(リンクを踏んで購入した後、アフィリエイトサイトASP(アプリケーションサービスプロバイダ)の規定日数後に支払われます)。

●高額な買い物なら相当のバック(実質割引)が期待できる!

僕はイオンショップを検索し、リンクを踏んで、そこでイオン独占販売の大型テレビを購入しました。これ(モール)があることで数千円のバックがある訳で、これら大型家電やパソコン、旅行や保険など金額の多い出費には効果絶大です。

●自分買いできるサイトとできないサイト

しかし、一般にポイント還元の多いメガサイトはあまりこういったサイトに登録していなかったり、「自分買い」に対応していません。例えば楽天とか、ヨドバシカメラなんかは集客力もありますし、普通に買ってもポイントつきますから、「自分買い」需要はあまり考えていないようです。楽天はアフィリエイトには参加していますが、自分買いは「無効」になります。

どこのアフィリエイトユーザーでも誰でも考えそうなことには、同じ場所に住んでいる身内に別IDを取得してもらい名義を借りるという手で、自分のIDを踏んでもらいアフィリエイト収益を受けるという手法がありますが、これらは規約上行儀のよろしい手法ではありませんし無効になる場合も多くあります。接続のIP、接続されているPCが同一とかではまず無効化されると思って間違いないでしょう。また、同住所だったりしたらチェックが入っておかしくありません(※アフィリエイトリンクの説明文に「自分買いOK」とあるものの場合は大丈夫ですが)。

行儀よく、無問題な「自分買い可能」アフィリエイトサイト内のモールを使うのが、一番良いと思います。

●直販パソコン買うならアフィリエイトに入ってないと損!

特に、他のサイトに卸していない「直販系」のサイトでキャッシュバックが効くのはこの方法だけなので(サイト側のクーポンなども併用できるからお得)がこの「自分買い」のメリット、PCなどを直販サイトで買う時などはぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。


自分買い可能な「A8モール」に参加するためには、A8ネットに参加するとよいです。サイトやブログがない場合でも、中に「ファンブログ」というレンタルブログがありますので安心。参加を希望される場合は下のリンクをご参考に。
エーハチネット



●バリューコマースは「ショッパーズクラブ」という「自分買い」コーナーを持っており、大手企業の参加が多いです。ただし、バリューコマースへの参加には適量のコンテンツが既にあるサイトやブログなどを所有していて、それがアフィリエイトOKなことが必要(参加したらサイトに何らかの広告バナーを貼ってください)。メルマガの場合はまだやってなくても登録だけでOKかも。
バリューコマース